スイス 山岳鉄道の旅 by GOLDEN EAGLE

バーゼル – サンモリッツ – ティラーノ – アンデルマット – ツェルマット – ベルン
グリンデルヴァルト – コモ湖 – ピラトゥス クルム – チューリッヒ

2024年8月25日 - 9月07日

Day City Programme Accommodation
1日目
8月25日
バーゼル 空港到着後、専用車でホテルへ。参加者全員の顔合わせを兼ねたウェルカム・ディナー GAIA HOTEL
2日目
8月26日
バーゼル

 

サンモリッツ

バーゼルSBB駅で『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』に乗車。
乗車後、昼食。列車はランクワルトに向けて出発します。そこで、狭軌のレーティッシュ鉄道(RhB)と氷河&ベルニナ・プルマン・エクスプレス号に乗り換えサンモリッツに向かいます。
私達の旅は、フィリスールとユネスコの世界遺産であるサンモリッツの間のアルブラ峠を越えます。また、列車そのものは109年の歴史のある電気機関車Nr353によって牽引されます。
BADDRUT’S PALACE HOTEL
3
8月27日
サンモリッツ

 

ティラーノ

本日は、スイスの有名なベルニナ線に沿って、イタリアのティラーノに向かいます。
サンモリッツからは、1915年に製造されたユニークで歴史的なベルニナ『クロコダイル』電気機関車Nr182が牽引する『氷河&ベルニナ・プルマン・エクスプレス』に乗車し、旅の最後の17kmでは、ブルジオにある素晴らしい螺旋状の石造りの高架橋を渡ります。
イタリア・ティラーノ到着後はヴァルテッリーナ渓谷を楽しみながら時間を過ごし、トリアッコ・ワイナリーを訪ね昼食を摂り、その後バスでサンモリッツに戻ります。
夕食はモルテラッチ氷河の近くで伝統的なディナーをお楽しみいただけます。
BADDRUT’S PALACE HOTEL
4
8月28日
サンモリッツ

 

アンデルマット

朝、サンモリッツを出発。アンデルマットに向かいます。『氷河&ベルニナ・ブルマン・エクスプレス』をRhBの414号または415号が牽引します。
私達の旅は、ライン川源流のすぐ近くラインシュルヒトルヒト渓谷を過ぎ、オーバーアルプ峠を越え、フルカ峠への足掛かりアンデルマットに向かいます。
高級5つ星ホテルであるCHEDI ANDERMATT HOTELにチェックイン後は、ホテル内の『スパ・ウェルネス』施設をご利用いただいたり、あるは、バスでゴッタルド峠に沿って移動し、1943年以来この峠を守ってきた巨大な『サッソ・ダ・ビーニャ要塞』を訪れることもできます。(1998年に一旦閉館しましたが、2012年にゴッタルド美術館サッソとして再びオープンしました)
夕食は、アンデルマットホテル・チェディにて。
CHEDI ANDERMATT HOTEL
5
8月29日
フルカ峠

 

ツェルマット

本日フルカ峠を越えます。
大部分がボランティアによって運営されている『ダンプフバーン・フルカ・ベルグシュレッケ(フルカ歯車蒸気鉄道)』は大変歴史のある鉄道です。海抜2,160mのフルカ峠を越える部分的にラックアンドピニオン式の路線で、フルカ・ダンプフバーンは元の設備を利用して段階的に運行を再開し、現在はかつての栄光を取り戻しています。
100年前の蒸気機関車が740mの頂上まで連れて行ってくれます。その後ローヌ氷河の下をグレッチまで下り、ニーダーヴァルトのホテル、キャッスル・ブリツィンゲンで昼食をお楽しみいただきます。
午後半ばには、現代の氷河急行に乗り、マッターホルンのあるツェルマットに向かいます。
HOTEL ZERMATTERHOF
6
8月30日
ツェルマット

 

ゴルナーグラート

ツェルマット

午前中は、ご自身のペースでこのアルプスの村を散策してお楽しみください。
午後遅く、ラック電車に連結された『氷河プルマン・エクスプレス』でゴルナーグラート鉄道を味わっていただきます。マッターホルンの素晴らしい眺めを求め、標高3,135mまで移動します。
ゴルナーグラートは、ゴルナーグレッチャーとフィンデルグレッチャーの間に位置し、4,000mを越える20以上の山々を満喫できます。
標高2,222mのリッフェルアルプ・リゾートにある『アル・ボスコ・レストラン』にてラクレット・ディナーを摂りツェルマットに戻ります。
HOTEL ZERMATTERHOF

7
8月31日

ベルン

 

グリンデルワルト

ツェルマットから通常の氷河急行・パノラマ車輛で下山し、ブリークで蒸気機関車『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』に乗り移ります。
ブリークからベルンに到着する前、レッチュベルク峠を越える途中で昼食です。ここでは、市内ツアー(蒸気トラムでの1時間を含む)を3時間楽しんでいただきます。
ベルンから『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』にてインターラーケンまで蒸気機関車で移動します。その後、アルプス・リゾートにあるベルグヴェルトホテルに到着です。
HOTEL BERGWELT
8
9月01日
ライヘンバッハの滝 <第一グループ>
バレンベルク・ダンプフバーンのプライベート蒸気機関車に乗り、マイリンゲンとインナートキルヒェンに向かいます。アーレシュルヒト渓谷を2km歩き、その後ケーブルカーでライヘンバッハの滝に行きます。
ライヘンバッハの滝はコナンドイルがシャーロックホームズとモリアーティ教授を殺害した場所として有名です。その後、シャーロックの滝を訪ね、マイリンゲンのシャーロックホームズ博物館を見学してから、蒸気機関車でインターラーケンに戻ります。
<第二グループ>
インナートキルヒェンからラインバッハの滝までケーブルカーで直行し、マイリンゲンでシャーロック博物館を見学します。第一グループより自由時間の多いゆったりとした行程です。
HOTEL BELGWELT
9
9月02日
シーニゲ・プラッテ・アルパイン・ガーデン 午前中はホテルの施設を楽しんだり、お土産のショッピングをしながらグリンデルワルトの趣のある脇道を散歩したりしてのんびりお過ごしください。
午後遅くバスでヴィルダースヴィルへ出発し、絵のように美しいシーニゲ・プラッテ・バーン・ラック鉄道の特別なチャーター便に乗り換え、高山植物園を訪ねます。
HOTEL BERGWELT
10
9月03日
ユングフラウヨッホ 『アイガー・エクスプレス・トライケーブル・ゴンドラ』に乗り、僅か15分でアイガー・グレッチャー駅に到着します。ここから、その特徴的な赤と黄色の車輛『ユングフラウバーン』に乗り換え、標高3,454mのヨーロッパの頂上『ユンフラウヨッホ』への最終行程です。この駅はヨーロッパでも最も高い場所にある駅です。
天気が良ければ、山の頂上から氷河高原の展望台、スフィンクス展望台、氷の宮殿を訪れる時間もあります。
『ユングフラウバーン』に乗り、クライネ・シャデックまで戻り、遅い昼食を摂り、山を下りてグリンデルワルトに戻ります。
HOTEL BERGWELT
11
9月04日
ブリエンツ・ロートホルン・スチームラック鉄道 今朝はブリエンツアー・ロートホルン蒸気ラック鉄道の旅を楽しみます。湖畔の街ブリエンツはブリエンツ・ロートホルン鉄道の起点として何世紀にも亘って知られています。1892年に建設されたこの鉄道は、スイスで4番目に高い鉄道で、わずか7.6kmで標高2,244mに達します。蒸気機関車とパノラマカーが緑豊かな高山の牧草地や森林を抜けて山腹を駆け上がるパノラマの景色を楽しんでいただけます。眼下には、ターコイズ・ブルーのブリエンツ湖が広がります。
ブリエンツからは1914年製外輪汽船SSレッチュベルクにてインターラーケンに戻ります。
HOTEL BERGWELT
12
9月05日
ゴッタルド峠

 

コモ湖

インターラーケンから『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』で出発し、螺旋状のループ、橋、トンネル等がたくさんあるゴッタルド峠を越えま、イタリア国境近くに位置するキアッソに入ります。ここからイタリアのコモ湖に短時間移動し、午後にはボートクルーズをお楽しみ下さい。 HILTON LAKE COMO HOTEL
13
9月06日
ピラトゥス
クルム
朝、キアッソを『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』で出発し、狭軌の列車に乗り換え『アルプナッハシュタット』までを移動します。ここから『ピラトゥス鉄道』に乗り、ピラトゥス、クルムの頂上を目指します。この鉄道は世界でも最も急勾配のラック鉄道で最大勾配は48%です。
山を下り、豪華な『プレステージ・コンチネンタル・エクスプレス』ん食堂車でお別れのガラディナーを楽しみながら、チューリッヒ空軍基地駅に戻ります。

RADISSON BUL HOTEL ZURICH AIRPORT あるいは
GAIA HOTEL

14
9月07日
チューリッヒ ホテルで朝食後は、隣接する空港ターミナルからの帰国便の出発までは自由時間です。
あるいは、鉄道の乗車時間までは自由時間です。
 
  ご旅行代金(往復のAIRは含みません) 集客状況
2名で利用する場合の1名料金 24,695 USD (約378万円) 余裕あり
1名で専有する場合の料金 30,695 USD(約469万円) 余裕あり

@153で計算してあります。 November 2023

タイトルとURLをコピーしました