ブレーン企画:ロシア・東欧・CIS諸国旅行手配のエキスパート
ロシア 中央アジア 東欧 CIS諸国へ
ウラジオストクの楽しみ方

ウラジオストクへの旅を計画しましょう。

※  ウラジオストクに行くには  ※
シベリア航空 // JALとの共同運航便(火曜日、木曜日、日曜日に運航)

<往路 S7-566>  成田発 15:40    ウラジオストク着 19:20

<復路 S7-565>  ウラジオストク発 13:20     成田着 14:40

<<航空券情報>>

アエロフロート航空  現在、運航はございません。

 

ナホトカ、ハバロフスク、イルクーツクなどに行くにもウラジオストクを基点した

空の便が充実しています。

詳しいフライトスケジュールはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

※  空港から市内まで  ※

 

AEROEXPRESS

アエロエクスプレス

 

空港から市内までの列車・アエロエクスプレスが運行されています。

ウラジオストク駅から空港までは、アエロエクスプレスで約50分。

ウラジオストク駅から空港まで 空港からウラジオストク駅まで
出発 到着 出発 到着
08:00 08:48 08:00 08:48
09:00 09:53 09:00 09:48
10:00 10:48 10:06 10:53
12:00 12:48 12:00 12:48
13:00 13:48 13:00 13:48
14:00 14:53 14:00 14:48
16:00 16:48 16:00 16:48
18:00 18:52 18:00 18:48
19:00 19:52 19:04 19:52
20:04 20:52 20:04 20:52

 

 

 

※ウラジオストクの基礎知識※

成田から、2時間5分で行けるヨーロッパとして、人気急上昇のウラジオストク。

旧ソ連時代には、軍港として、東の要塞の役目をしていたこの街も、

今では、それらの軍関係の設備も格好の観光スポットに様変わりしています。

純朴なロシア人たちの暖かい歓迎とおいしいロシア料理を思う存分楽しんでください。

ウラジオストク時間

日本との時差は1時間です(冬時間)。

日本が正午の時、ウラジオストクでは午後1時です。

3月最終日曜日から10月最終土曜日までは、夏時間が適用されますので、時差は2時間です。

 

ウラジオストクの気候

真冬の零下10度を超える寒さから、真夏の30度の暑さまで、

年間を通して温度差の激しい都市です。

観光シーズンとしては、4月から9月までが最適ですが、

寒い時に寒いところに行くというのも味なものです。冬のウラジオストクも見逃せません。

 

飲料水

水道水は、絶対に飲まないで下さい。

ミネラルウォーターは街中で安く手に入ります。

街で購入する場合は、炭酸ガス入りとそうでないものとがありますので、

よく確認して、好みの方を買ってください。

 

電圧とプラグ

ロシアの電圧は220V。周波数は50ヘルツ。

プラグはヨーロッパ標準の2本の丸いピンがついたタイプ。

日本から持って行ったドライヤーなどを使う場合は、変圧器が必要。

 

パスポート

街中で突然警察官にパスポートの提示を求められることがあります。

旅券不携帯の場合、罰金を取られますので、ホテルから外に出る際には、

必ずパスポートを持って出てください。

 

 

※ウラジオストクの遊び方※

昼間は、車を使って、いろんな観光スポットを訪ねてみましょう。

春と夏の暖かい期間だけに限られますが、金閣湾クルーズも人気があります。

ウラジオストクからモスクワまで長距離の鉄道の旅を楽しむ時間がない人には、

シベリア鉄道を一駅か二駅乗ってみるという『体験試乗』もできます。

少し足を伸ばして、ナホトカまで出かけてみてはいかかですか。

あるいは、船でルスキー島やその他の点在する島に出かけてみましょう。

日本では、中々味わえない、荒削りの自然が残っています。

夜になれば、カジノやナイトクラブなどが旅行客で賑わいます。

華やかな夜の顔も持っている街です。

 

 

※ウラジオストクの観光スポット

C-56潜水艦博物館
旧ソ連軍の実際の潜水艦が陸に上げられ、博物館として公開されている。

 

鷲ノ巣展望台
ウラジオストクの街を一望できる

ウラジオストク要塞博物館

要塞としての役目を担っていたウラジオストクの街の歴史を物語る施設。

正午には大砲が鳴らされる。

スヴェトランスカヤ通り

ウラジオストクのメインストリート。

ヨーロッパ風の街並みは日本からの近さを忘れてしまいそうです。

与謝野晶子記念碑

与謝野晶子がウラジオストクを訪れたことを記念して建てられた歌碑。

 

ナホトカ

  • 第二次世界大戦後、日本に帰ることができなかった人たちの日本人墓地がある。
  • ウラジオストクからナホトカまでは列車かバス。
  • 列車は毎日2便運行されています。
  • <ウラジオストクからナホトカまで>
  • 列車番号1 ウラジオストク発06:26 ナホトカ着11:50
  • 列車番号2 ウラジオストク発18:42 ナホトカ着22:32
  • <ナホトカからウラジオストクまで>
  • 列車番号1 ナホトカ発07:17 ウラジオストク着11:05
  • 列車番号2 ナホトカ発17:32 ウラジオストク着22:53

シベリア鉄道

極東のウラジオストクからモスクワまで全長9,258kmの大陸横断鉄道。

7日間でこの距離を走破する。

『ロシア号』(列車番号1 /ウラジオストク発偶数日)と

『シベリア号』(列車番号7 /ウラジオストク発奇数日)が走っている。

  • 2等コンパートメントは4名用。
  • 1等コンパートメントは2名用。
  • 部屋の割り当てには男女の区別はしてもらえないので、要注意。
  • 4名分(1等は2名分)の切符を購入すれば、キャビンを専有できる。
  • 食堂車が一車輌ついている。メニューに関しては多大な期待をしないように。
  • 各駅には、旅行者相手のお店が出るので、ピロシキなどの食料を買い込むことも出来る。
  • 7日間の長旅はできないけれど、一度はシベリア鉄道に乗ってみたいという人には、ウラジオストクから近くの駅まで乗ってみるという『シベリア鉄道試乗』がおススメです。
  • ハバロフスクまで行くのに、シベリア鉄道の夜行便『オケアン号』を利用するのも便利。

ウラジオストクを19:20に出て、翌朝08:00にハバロフスクに到着する。

これも事前の予約が必要。

 

 

ウラジオストク駅

駅舎内レストラン『汽笛』

お問い合わせは

03-5850-1515

ask@55world.com

株式会社 BHB

Copyright (c) 2006 B.H.B Planning Company Limited All right Reserved; email:bunkatyo@55world.com
ブレーン企画 English BHB Russian BHB