ブレーン企画:ロシア・東欧・CIS諸国旅行手配のエキスパート
ロシア 中央アジア 東欧 CIS諸国へ

ホテル検索

ミンスクの見どころ

 

トラエツカヤ旧市街区

1980年代に学生ボランティアによって復元された戦前の町並み。

建物や庭園はソビエト風ではなく、ヨーロッパ調

 

勝利広場

祖国解放のために命を落としたソビエト軍将兵の記念塔がある広場。

将兵たちの名前が刻まれた壁の前では衛兵交代が行われる。

 

 

聖霊大聖堂

バロック式教会。

1642年にベルナルディン修道院によって建設され、1852年にロシア正教によって押収された。

数々のイコンを所蔵している。

 

聖シモン・聖エレーナ教会

カトリック教会で長崎の浦上天主堂が寄贈した鐘が記念碑として建てられている。

 

大祖国戦争史国立博物館(開館時間:10:00〜18:00 休館日:月)

ベラルーシのパルチザンを称える第二次世界大戦を扱う博物館。

ミンスク郊外のナチス収容所の資料もあり。

 

ベラルーシ民族歴史文化博物館(開館時間:11:00〜19:00 休館日:水)

石器時代から現代までを扱う博物館。出土品から中世の武器、民族衣装まで幅広く展示している。

 

 

第一回会議場博物館(開館時間:10:00〜18:00 休館日:水)
1898年の「ロシア社会民主労働党」の創立大会を記念した博物館。
当時を再現した建物や会議に関する資料がある。

ベラルーシ共和国美術館(開館時間:11:00〜19:00 休館日:火)

ベラルーシ・ロシア・ポーランドの作品でクラシックからモダンまで豊富なコレクションがある美術館。

 

 

オペラ・バレエ劇場(休館日:月)

大理石の装飾が豪華な旧ソ連でも有数の劇場。60年の間オペラとバレエが公演されてきた伝統ある劇場。

 

スターリン線 (開館時間:10:00〜18:00 休館日:月)

スターリン線あるいは「スターリンライン」というのは、第二次大戦当時ソ連が国境防衛に構築していた要塞地帯のことで、このスターリンラインの遺跡を発掘・展示した上で、戦車やミサイルや戦闘機を沢山展示したのが「スターリンライン」という軍事博物館。ミンスクの北西30kmにある。

 

stalin line 1

 

stalin line 2

 

ハティニ村記念公園(開館時間:10:00〜16:30 休館日:月)

ミンスクから60km東北方の、ナチスによって抹殺された村の一つハティニのあとが、この惨劇を記憶し平和を祈る記念公園になっている。

こうして抹殺された村々はハティニだけではなく、ベラルーシ国内だけで628にも及んだ。そのなかの186の村が建て直されず、地上から姿を消しました。それらの村一つ一つから土を取り寄せて作った“村の墓標”。

khatyn1

khatyn2

お問い合わせは

03-5850-1515

ask@55world.com

株式会社 BHB

Copyright (c) 2006 B.H.B Planning Company Limited All right Reserved; email:bunkatyo@55world.com
ブレーン企画 English BHB Russian BHB